はたらくホームページとは?

デザイン

7秒で決まる! 初対面の印象。
デザインの力で、心に残るものが一変する!

Webの専門家ではない人にも、
デザインセンス・技術レベルは、一瞬にして心の底に響くものです。

表示されたホームページが、
自分に必要か不要かを判断する時間が7秒間と言われています。
また、人間の五感のうち、視覚は83%もの割合を占めていると言われています。

購買意欲をかきたてる広告・チラシ・CMなどは、視覚効果を上手に活用しています。

サンプル

お客さんは見た目で判断する

商店街を歩いていて、雰囲気のある店、味のある店、
気になる店というのは、目につくものです。
作為的に演出している店もあれば、
店主の「思い」が自然に出ていて、
雰囲気のいいお店というものがあります。
お客さんは、そういうお店を一瞬のうちに判断して、
入るか入らないかを無意識に決めています。

ホームページは、商店街の店構えと一緒です。
見た目で、それ以上見るか見ないか判断されます。

サンプル

心に響く「演出力」

お客さんは、ただ、見た目がキレイなだけでは、お店に入りません。

例えば、商店街のラーメン屋さんが、全面ピンク色のきれいな看板・壁・テーブルだったら...。
きれいかもしれませんが、ちょっと入る気がしません。

商品・サービスにあったお客さんが親しみを感じる「雰囲気」を演出できれば第一関門突破です。

雰囲気作りの次に重要なことが、お客さんの知りたい情報、あなたが伝えたい情報を、ひと目で心に響くデザインにすることです。
これは、キャッチコピーや写真・イラスト・動画などが、
ホームページを見た瞬間に、 お客さんの目と心に「情報」が飛び込んでくる配置や装飾を目指したいところです。

あなたのホームページには、どんな演出が必要でしょうか? 一緒に考えて、ご提案させていただきます。

モバイルは、専用レイアウトで見やすく使いやすく

サンプル

モバイルでは、パソコン版のサイトを見るには、画面が小さいので、
非常に困難ですが、スマートフォンでは、なんとか見ることができます。
しかし、表示される文字も小さく、リンクボタンをクリックするのも、決してやりやすいとはいえません。

スマートフォンでは、指でタッチして操作することを意識したデザインがお客さんには好まれます。

同じURLでアクセスしても、自動的にスマートフォン用のサイトを閲覧できるような、
快適な仕組みが、今後は主流になってくるでしょう。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |